2010年04月24日

17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)

 山田宏東京都杉並区長らが新党「日本創新党」を結成したが、民主党の中核をなす小沢一郎幹事長や羽田孜最高顧問(元首相)らが平成5年に自民党を飛び出し新生党を旗揚げする際に「創新党」が有力な党名候補として一時検討していたことがわかった。幻に終わった創新党が17年の歳月を経たいま、“反民主党政権”党の形で実現したわけだ。

 関係者によると、新生党結成の際に、「温故創新」を座右の銘とする羽田氏が「創新党」を党名に提案し、もうひとつの候補として浮上した「自由新党」のいずれかにする方向で検討された。

 ところが、最有力視されていた「創新党」については「語呂がよくない」などといった否定的な意見が出たうえ、「自由新党」に関してもすでに自治省(現・総務省)に届け出されていた。このため、結局“補欠”扱いとされていた新生党に決まったという。

 新生党は「自立と共生」を理念としたが、日本創新党が掲げる「国家の自立」や「国民の自立」と図らずも重なる。首長新党の名称について、新生党結党時のメンバーの多くが所属する民主党からは、「清新さはない」「二番煎(せん)じだ」と、“負け惜しみ”とも受け取れる声が出ている。

【関連記事】
山田宏 東京都杉並区長、日本創新党旗揚げ 首長ら「現状打破」
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
「たちあがれ日本」がネットで好評?
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)
仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事通信)
特定外来生物のザリガニ、関東で初めて生息確認(読売新聞)
首相の徳之島入り「視野」=進退論発展に否定的−官房長官(時事通信)
posted by アダチ シゲオ at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。