2010年05月28日

「日本列島丸ごと再現」虚構に満ちた仮想空間ビジネスにメス(産経新聞)

 「あらゆることができる世界」「もう一つの日本」−。27日に特別商取引法違反容疑で捜索を受けたネット関連会社「ビズインターナショナル」は、自社で運営する仮想空間「エクシングワールド」をこう評していた。しかし、その世界は実際には実現不可能なものばかりだった。

 ビズ社のPR用DVDや会員向け資料などによると、エクシングワールドは現実の世界を3Dで再現した仮想空間で、「日本列島を丸ごと再現している」と喧伝していた。会員はこの空間で「アバター」と呼ばれる自らの分身を操り、高速道路を愛車でドライブしたり、他の人と会話をしたり、あらゆることを楽しめる−とされていた。

 また、仮想空間内では「イーエン」という通貨が流通し、人々はこの通貨で買い物ができ店も経営できるなど、ビジネス的な要素も強調していた。特にビズ社が強調していたのが土地ビジネス。「エクシングワールドの土地には限りがあるので一般公開前に先行会員になり、優先的に購入しておけば必ず後で値上がりする」などと説明、会員に仮想空間内の土地取引を奨励していた。

 実際に、このようなビジネスは成り立つのだろうか。ゲームジャーナリストで立命館大学講師の新清士さんは、「現在では仮想空間の土地が爆発的に値上がりすることは考えられない」と話す。新さんによると、米国のリンデンラボ社が運営する仮想空間最大手の「セカンドライフ」が流行した直後には、確かにそのような現象が見られたという。しかし、その後同種の仮想空間が続々と登場したため、「仮想空間の土地の価値は大幅に下落した。同種の仮想空間がある限り、希少価値はない」(新さん)という。

 また、ビズ社を相手取り損害賠償を求め大阪地裁に提訴している男性(41)によると、ビズ社は仮想空間の中で流通する仮想通貨「イーエン」に関して、会員向けセミナーで「実在の銀行が発行する電子マネーなので信用がある。いずれはコンビニでも使えるようになる」などと説明していた。

 しかし、国内で運営される仮想空間では「ゲーム内の不当行為を取り締まるのが難しい」(新さん)ため、実際には各運営主体の規約で換金は禁止されているのが通例だという。

 新さんは「仮想空間の土地売買で儲かるなら、もっと多くの人が参加しているはずだ。そもそも日本列島を丸ごと再現するのは、現状の技術では難しいのではないか」と話している。

【関連記事】
「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 
仮想マルチで90億円所得隠し 国税当局指摘
「ネット仮想空間で確実な収入」 マルチ会社に業務停止命令
仮想空間「アメーバピグ」50万人突破 有料アイテムも好調
オンラインゲーム、最大256人で対戦可能 ネトゲ廃人対策も
虐待が子供に与える「傷」とは?

普天間移設 首相「辺野古」表明 知事「厳しい」(毎日新聞)
農家への補償案を提示へ=山田副大臣が宮崎知事らに(時事通信)
みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
きょうから第49期十段戦本戦(産経新聞)
posted by アダチ シゲオ at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

犬・猫経由の感染症に注意―厚労省が呼び掛け(医療介護CBニュース)

 犬や猫にかまれるなどして菌に感染し、まれに重症化して死亡に至るケースもある「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」について、厚生労働省がホームページで注意を呼び掛けている。

 「カプノサイトファーガ・カニモルサス」は、犬や猫など動物の口腔内に常にいる細菌。同感染症は、かまれたり引っかかれたりすることでまれに感染・発症し、発熱や腹痛、吐き気などの症状が見られる。また、糖尿病やアルコール中毒などの慢性疾患がある人や高齢者で免疫機能が低下している場合には、重症化しやすい傾向があるという。
 国立感染症研究所の調べによると、2002年から09年にかけて、国内で確認された同感染症の報告事例のうち、重症化したケースが14例あり、6人が細菌の感染が原因とみられる敗血症や髄膜炎などで死亡した。
 重症化した患者は40-90歳代と中高年層で、感染原因は「犬の咬傷」6例、「猫の咬傷・掻傷」6例、「不明」2例となっている。

 厚労省では、保健所などに報告された動物にかまれたことによるけがの報告数に対する患者数は非常に少なく、同感染症は極めてまれにしか発症しないとしながらも、日ごろから動物との過度の触れ合いは避け、触れた後は手洗いなどを確実に実行するよう呼び掛けている。
 なお同感染症は、感染症法に基づく届け出が必要な疾病ではないため、診療した医療機関が行政機関に届け出る必要はないが、国立感染症研究所では今後も調査・研究を進めていくために情報提供を呼び掛けている。
 同感染症についての相談や情報提供は、国立感染症研究所獣医科学部第一室03(5285)1111まで。


【関連記事】
感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長
新型流行も強毒性想定のBCP策定は1割強
手足口病が2000年以降で最多
A型肝炎が過去3年で最多、「食べ物に要注意」と感染研
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)
<新党改革>衆院小選挙区制見直しを提言 舛添代表(毎日新聞)
北教組事件、木村被告「独断で資金提供依頼」(読売新聞)
民主中心の政権のうちに理想の医療を実現(医療介護CBニュース)
posted by アダチ シゲオ at 19:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)

 今年の本屋大賞にノミネートされた小説「船に乗れ!」(ジャイブ)で知られる作家、藤谷治さん(46)愛用のチェロが3月に盗まれた事件で、チェロがネットオークションに出品されているのが見つかり、13日に藤谷さんの手元に戻った。藤谷さんは「破損もなく、心から安心した」と喜んでいる。

 警視庁北沢署や藤谷さんによると、チェロはドイツ製で約70万円相当。3月下旬、東京都世田谷区のビル2階にある藤谷さん経営の書店で盗まれた。4月中旬にオークションに出品されていることが分かり、藤谷さんが同署に通報した。

 出品者は都内の古物商で、同署が事情を聴いたところ、20代の女がわずか1万円で古物商に売っていたことが判明。同署は女を窃盗容疑で逮捕した。女は客として藤田さんの書店を訪れ、面識があったという。

 藤谷さんは「扱い方がおろそかになり、チェロが逃げたのかも。ご迷惑をおかけした皆さんと、チェロに『ごめんなさい』と言いたい」と話した。

 著作「船に乗れ!」は音楽高校を舞台に、チェロを弾く少年を主人公とした青春小説。盗まれたチェロは藤谷さんが三十数年前から愛用し、小説のモデルにもなったという。

【関連記事】
藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表
奇跡が起きた!のあのわ、盗難チェロ戻った
叶姉妹、ブログで盗難告白「とっても悲しい」
100万円チェロ返して!のあのわ盗難被害
少子化を止めろ!

“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
魚焼きグリル火元 9割は不注意原因 消し忘れ、油汚れ…火災5年間で 241件(産経新聞)
首相動静(5月7日)(時事通信)
<普天間移設>鳩山首相「厳しい状況は分かっている」(毎日新聞)
70年の歴史糧に精進へ 琉球箏曲興陽会、国内外1200人集う
posted by アダチ シゲオ at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。