2010年06月11日

複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)

 民主党選対委員長に内定している安住淳衆院安全保障委員長は7日午前の民放番組で、参院選の対応について「取りこぼしを絶対にしてはならない。共倒れの懸念があるところは菅直人新首相と相談しないといけない」と述べ、改選数2以上の選挙区に複数の候補者を擁立する方針の見直しもあり得るとの考えを示した。

 安住氏は「現職議員を1人残らず国会に帰し、できるだけ新人を積み上げていく。若い党なので、経験のある人を落とせない」と強調した。

【関連記事】
福山外務副大臣が官房副長官に内定
ニセ菅新首相続々…なりすましツイッター、顔写真も登録
枝野氏の幹事長起用は「参院選の顔として」
チグハグぶり目立つ首相交代劇 
【週末に想う】鳩山さんが教えてくれたこと 小林静雄
「はやぶさ」帰還へ

「鬼門」に就任の山田農相、牧場経営の経験あり(読売新聞)
菅氏に投票=長妻厚労相(時事通信)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
菅首相会見詳報(4)「取材受けることで政権運営行き詰まる」(産経新聞)
posted by アダチ シゲオ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。