2010年06月16日

はやぶさ カプセルの写真を公開(産経新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ」から分離され、着地に成功した小惑星「イトカワ」の土壌サンプル回収用カプセルの写真を公開した。早ければ同日午後に回収する。

 カプセルは13日深夜、豪州中南部ウーメラの砂漠地帯に軟着陸。直後にヘリコプターでの捜索を開始し、パラシュートがついたままのカプセルを発見した。

 カプセルは数日中に日本へ空輸され、JAXA宇宙科学研究所(相模原市)で開封される。

【関連記事】
「はやぶさ」帰還“生中継”、アクセス集中でダウンも 「不死鳥ではありませんので…」
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け
豪州の砂漠に着地 「はやぶさ」の回収カプセル発見
「アポロ13号に匹敵」 科学技術ジャーナリストの中野不二男さん
小惑星探査機「はやぶさ」 きょう7年ぶり帰還
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅首相 「元気が出た」…出身地の山口・宇部を訪問(毎日新聞)
通天閣も「サムライブルー」(産経新聞)
【Web】「ハトミミ.com」から「ハト」が消えた(産経新聞)
<硫化水素自殺>中3男子 「いじめから友救えず」と遺書 川崎(毎日新聞)
中1長女に暴行 容疑、教諭を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
posted by アダチ シゲオ at 17:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)

 民主党選対委員長に内定している安住淳衆院安全保障委員長は7日午前の民放番組で、参院選の対応について「取りこぼしを絶対にしてはならない。共倒れの懸念があるところは菅直人新首相と相談しないといけない」と述べ、改選数2以上の選挙区に複数の候補者を擁立する方針の見直しもあり得るとの考えを示した。

 安住氏は「現職議員を1人残らず国会に帰し、できるだけ新人を積み上げていく。若い党なので、経験のある人を落とせない」と強調した。

【関連記事】
福山外務副大臣が官房副長官に内定
ニセ菅新首相続々…なりすましツイッター、顔写真も登録
枝野氏の幹事長起用は「参院選の顔として」
チグハグぶり目立つ首相交代劇 
【週末に想う】鳩山さんが教えてくれたこと 小林静雄
「はやぶさ」帰還へ

「鬼門」に就任の山田農相、牧場経営の経験あり(読売新聞)
菅氏に投票=長妻厚労相(時事通信)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
医療ツーリズム、10年後は5500億円の市場に―DBJ試算(医療介護CBニュース)
菅首相会見詳報(4)「取材受けることで政権運営行き詰まる」(産経新聞)
posted by アダチ シゲオ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

<エフオーアイ>三重審査すり抜け 売上高60倍に(毎日新聞)

 東証マザーズ上場のため売上高を水増しし、7カ月という過去最短での上場廃止が決まった半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」(相模原市)の粉飾疑惑は、上場審査時の「三重のチェック」をすり抜けていたことがわかり、関係者に衝撃が広がっている。09年11月の上場に向けた09年3月期売上高約118億円のうち実際の売上高はわずか2億円程度で、粉飾割合は「前代未聞」(証券取引等監視委員会)。専門家からは上場審査制度の検証を求める声も上がった。【松谷譲二】

 「信じられない。ほとんど(売り上げの)実態がないのに、なぜ審査をすり抜けられたのか」。12日、エフ社が金融商品取引法違反(有価証券届け出書の虚偽記載)の疑いで監視委の強制調査を受け粉飾規模が明らかになると、大手証券会社の証券マンは驚いた。

 エフ社は上場申請書類に虚偽の決算情報を記載したことを認める声明を出し、21日には東京地裁に破産手続きを申請。負債総額は92億8800万円に上る。東証では、上場審査時の粉飾決算は過去に例がない。

 東証の場合、上場先は1部、2部、新興企業向けのマザーズの3段階。上位になるほど、求められる株主の見込み数や時価総額などのレベルが上がる。非上場企業が上場する際は、監査法人か複数の公認会計士の審査を受ける。並行し、上場の際に主幹事を務める証券会社のチェックも入る。売上高などを記載した財務諸表、取引先などを記載した有価証券届け出書に虚偽がないか、経営管理体制はどうか、暴力団とのつながりがないかなど、細かく調べられる。最後に、東証が同様の基準で審査し、三重のチェックが完了する。

 エフ社は複数の公認会計士がチェックしたが、大手証券関係者は「監査法人に依頼する企業がほとんど。個人に頼むのはまれで警戒すべき事案」と話す。一方、別の市場関係者は「今回は会計士がだまされた」と指摘する。

 ◇偽の取引先紹介

 実際、エフ社は取引先を確認しようとした会計士に対し、海外で偽の取引先を紹介していたとされる。エフ社はこうした偽の取引先を複数使い、架空の仕入れ先に代金を振り込み、別の架空の売却先から受注したように装って売買契約書を偽造、代金を還流させる形で入金させ、架空の売上高を計上していた疑いが持たれている。

 ある大手監査法人の会計士は「会社ぐるみで粉飾し、取引先とも結託していれば見抜くのは困難」と言う。一方で「売上代金が取引先から2年後に納められることになっているうえ、製品が半導体業界であまり出回っていないなど不審点も多く、不正を見抜けないのは甘い」(市場関係者)との指摘もある。東証や証券会社関係者は「財務諸表のチェックは会計士に事実上一任しており、再チェックは難しい」と弁明。三重のチェックが機能していなかった実態がのぞく。東証は上場審査体制の見直しを検討する方針だ。

【関連ニュース】
<関連記事>虚偽記載:半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か
<関連記事>半導体製造装置:エフオーアイが破産申請 負債92億円
<関連記事>東証:エフオーアイを6月19日付で上場廃止 粉飾決算で
<関連記事>エフオーアイ粉飾決算:上場廃止 相模原市、地域経済賞を返還請求へ /神奈川
<関連記事>エフオーアイ(6253)は4連続STOP安の公算大 虚偽決算記載認める、監理銘柄(審査中)指定で処分売り集中

<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)
就職安定融資をだまし取る 詐欺容疑で建設会社社長ら12人逮捕 大阪府警(産経新聞)
<殺人容疑>「病気苦の妻絞殺」64歳逮捕 東京・八王子(毎日新聞)
posted by アダチ シゲオ at 20:44| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。